中古のマンションの動向|不動産売却をするなら詳しい知識を持っている人に依頼する
メンズ

不動産売却をするなら詳しい知識を持っている人に依頼する

中古のマンションの動向

集合住宅

マンションの売買を考える際に、東京の中古マンションの今後の動向を知っておくことは重要です。値上がりが予測されるならば早めの購入を、値下がるならば売却を急いだほうが良いからです。東京は地価の上昇とこれからのオリンピックに向けての需要の増加で、中古マンションは上昇傾向にあります。さらに海外の投資家も都心部の中古マンションを購入していることにより、しばらくは値上がりが予測されています。また、人口の流入も続いていることも価格上昇の要因と見られています。けれどもオリンピックが終わる頃から値下がると考えられています。というのも団塊の世代が高齢となり、自宅を売却して施設などに入る動きが予見されているからです。

現状では東京の中古マンションは価格の上昇傾向にありますが、自宅を売却するのであればこの数年がチャンスと考えられます。というのも、次第に東京の人口は減少すると見られているからです。さらにオリンピック需要を見込んでのマンション建設が増えていることも要因となります。明らかに供給過多となることが予測されます。逆にマンションを購入するのであれば、もう少し様子を見てからということになります。値下がりをすることでお得に購入することになりますが、ひとつ注意することがあります。景気の回復に伴う住宅ローンの金利上昇も考えられるからです。マンションの価格が下がっても、金利が上昇すれば返済負担が増すことにもなります。